スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊路:和泉府中~泉佐野②(半田一里塚~泉佐野)

(2011年6月14日の記録)

さて,半田一里塚を過ぎてさらにまっすぐ。
住宅街の中の道が続きます。

そして突き当りを右へ折れ,またしても府道30号線へ出ます。

ここからがちょっとややこしい。

歴史街道ウォーキングマップ」によると,
府道30号線に出たら右折して30号線を少し東に戻り,
ガソリンスタンドと食堂の間の細い道を左へ…とあります。

そのまま道なりに歩いて,薬局(多分ドラッグセガミ。ずっと手前にキリン堂もあるので注意)の裏手を過ぎると少し大きな道路に出るので,それを左折,という表記です。

そしてドラッグセガミの前を通り過ぎ,最初の右に曲がる道を右折。

ウォーキングマップには拡大説明図があるのですが,
その図の印象より距離が長いうえ,
大きな薬局が前述のとおり2つあるので迷います。

ちなみに『熊野古道を歩く旅』では,地図の縮尺上,
この細かいコースは全くわかりません。
大雑把に方向をとる羽目になるので迷いやすいです。

そして,ここも「歴史街道ウォーキングマップ」と『熊野古道を歩く旅』で
コースが少し異なるようです。
その違いがわからず私は散々迷いました

グーグルマップとストリートビューでも確認してみました。
とりあえず詳細は下の地図にまとめたので,端折ります。
石才駅周辺
(クリックで拡大します)

どの地図を基本に歩くか…は決めておきゃなきゃダメですね^^;

住宅街に入り,牛神が祭られているという石才会館の前へ出ます。
「牛神」という言葉から,なぜか牛型の像を思い描いていたのですが,
実際には小さな石碑でした。
牛を探してしまったのでなかなかわからなかった
でもまあ,形そのまんまの神様が街なかに飾られている方が珍しいですよね

宮池沿いにしばらく歩いて,分岐で右に道をとります。

この日は歩いていて街中に池が多いことに気づきました。
自然池なのか農業用のため池なのかはわかりませんが,
昔は広大な田園地帯だったのでしょうね。

大きな道路,工場と住宅街,大きな店舗が目立つ今では
違和感さえ感じてしまいますが…

そのまま道なりにまっすぐ歩くと,府道40号線の高架が見えます。
道はその高架の下をくぐっています。
さらに進むと,信号のある交差点に出ます。

さて,この交差点,「歴史街道ウォーキングマップ」では「釈善北」とありますが,
交差点名は出ていなかったと思います。
そしてその先,府道30号線と40号線が交差する大きな交差点に,
「釈善橋北」という表示があります。
間違いやすいので要注意ポイントです。
「釈善橋北」まで行くと行きすぎです。

間違いなのか, 表示は出ていない(または「見えにくい」)けど,
この交差点は「釈善北」という名称なのか,定かではありませんが,
いずれにしても間違いやすいポイントです。
貝塚中央病院付近の分岐
(クリックで拡大します)

この交差点は,貝塚中央病院を左に,緑地を右にみる細い道を選びます。
すぐに右手に「釈善寺城跡」の説明板が見えてきます。

小さな橋を渡り,さらに直行。

細い道が続き,やがて上り坂になります。
この坂道は長谷川ノ坂。
古い家並みが続いたり,古道の風情を感じる道です。
狭い道に大きな古い家の取り合わせは圧迫感があるのですが,
それが不思議なノスタルジーを感じさせます。

しかしこの道もつかの間。
2車線の道と交差する信号のある交差点で右に曲がり,
和泉橋本駅を越えて,最初の信号を左折。

この周辺から「地蔵堂」交差点までもまた,
ウォーキングマップと『熊野古道を歩く旅』で異なります。
詳細は下の地図に示します。
和泉橋本駅付近

さて,地蔵堂交差点付近。
『熊野古道を歩く旅』にはジャスコが目印に書かれていますが,
どうやらなくなっているようです。
(イオンに変わった,という話ではナイ)
2011年6月時点では,跡地と思われるところは広~い更地となっていました。

もしかしたら今頃は,新たな何かが建っているかもしれませんが,
とりあえずジャスコはありません。

さてさて。

再び住宅街の中の細い街道を歩くと,ようやく王子ゆかりの地に遭遇です。

街道から少し離れたところに正福寺というお寺がありますが,
こちらのそばに鞍持皇子があったとも,隣の神社が近木王子であったとも言われているそうです。
(現在は痕跡は残っていません)

そして街道をまっすぐ進むと,この二つの王子が合祀されている南近義神社が。

南近義神社


住宅街に静かに立つ神域です。
大きくはありませんが,堂々とした鳥居が威厳を感じさせます。

古道ゆかりの寺社には,できるだけご挨拶させて頂きます。
静かな神社の境内で,しばし身体と心の休息を。

そして再び歩き出します…が,ここも要注意。

「歴史街道ウォーキングマップ」では神社の前を通り過ぎ,
突き当りを右へとありますので,
ここは指示通り忠実に行きましょう!

神社鳥居の前からすっと伸びる道があり,
その道があまりにも堂々としているので,
私たちは引き寄せられるようにそちらに行ってしまい…
しばらく迷う羽目になりました^^;

こういう人は私たちだけかもしれませんが

なお,この辺りには「王子」という地名が残っています。
王子社が地域に融け込んでいたいた証でしょうか。

ここから先は,住宅街の中の道を歩きます。

道自体が複雑なわけではないですが,
とにかく細かい道で分岐も多く,
書籍の地図では厳しいと思います。
「歴史街道ウォーキングマップ」は必携です。

この先の分岐等でウォーキングマップを見てもわかりにくかったのは,
貝田橋を越えたところ。
マップ上は橋を越えて二差路になっていますが,
実際には4叉路でした(川沿いの道が無視されているもよう)。
しかも選ぶべき道がわかりにくいです
下の地図をご参照下さい。

貝田橋付近の分岐


車2台行きあうのも難しいだろうなと思うような,
細い住宅街の中の道を歩いてきます。

その道を真っ直ぐ行くと,やがて右手に大きな池が見えてきます。
住宅街の中にポッコリ出てくる池。 名前はわかりません。

この池の少し手前にある貝田町会館付近に,
鶴原王子があったと言われています。
なお,貝田町会館はこのルートには面していないようで,
私は見つけられませんでした。

さて,池を越えてそのまま歩くと,やがて少し大きな道(府道64号線)とぶつかります。

ここもちょっと迷う分岐ですが,
まず64号線を越え,越えてすぐの分岐を右に行きます。
「歴史街道ウォーキングマップ」に拡大説明図があります。
(右から2つめの図です)
拡大説明図通りで間違いなく,デイハウスを右手に見る道をとりますが,
こんなにきれいな5差路ではないので,そこで迷うかもしれません。

そのまままっすぐ歩いて,突き当りを右へ。
すぐに大きな道路との交差点に出ますが,これを越えてさらにまっすぐ。

…とこんな風に文章で説明してもピンとこないと思いますが^^;
一応,地図を見ながらだとわかるだろうと思いつつ書いています

その次の府道64号線との交差点を左折します。
そしてその次の,信号のない四つ辻を左折しますが,
ここはわかりにくいです。
交差する道は細くて,見逃してしまいそうになります。
角に「オートクラブDAICHU」という車屋さん(?)があるので,それを目印に。

大藪池交差点付近の分岐


その細い道を入っていくと,左がまた池です(ほんとに池が多い…)
ちょっと車が入ってきたら嫌だな~…と思うくらい細い道です^^;

ホントに熊野街道?と不安になりそうな細い道ですが,
ここまで紀伊路を歩いてきた人なら,もうこのパターンに慣れているはず!

ありえなさそうに細い道が熊野街道なのです!!(ホントです)

ずんずん歩いて,ちょっと広い道路との交差も無視してまっすぐ歩くと,
やがて府道64号線と合流します。

そのまま順調に64号線を歩いて,「日新小学校前」の交差点を越え,
更にその次の信号も越えて,白と赤の高い鉄塔を目指します。

鉄塔手前の分岐を左の住宅街の方に入っていきます。

その道を道なりに歩いていくと,先の方で道が少し細くなり,
同じような大きさの道と交差する四つ辻に出ます。
その辻を右折し,ほんの20~30mいくと,
住宅街のなかにぽこんと公園のような緑地スペースがあり,
そこに佐野王子跡があります。
佐野王子跡と説明板

ようやく,久しぶりに王子跡を見ることができました。
前半の,井ノ口王子跡以来です。

このルートは,たくさん王子社があったのに,
現在ではほとんど石碑さえ残っていなくて,残念です。

そしてこの日の街道歩きはここで終了。

佐野王子跡から徒歩15分ほどの,泉佐野駅から帰途につきました。

しつこいようですが,本当にこのルートは道がわかりにくいです^^;
オリエンテーリング的でそれはそれで面白いのですが,
気持ちと時間には余裕をもって歩かれるのがおススメです。

前半に比べ後半がめちゃめちゃ長くなってしまいましたが…
ご容赦下さいませ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

咲月

Author:咲月
京都在住アラフォー女性。
2009年より熊野古道に興味を持ち,ただいまコツコツ距離を伸ばしているところ。
旅が好き。歩くのも好き。
風水メインのブログもやってます(リンクは下に)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
咲月にご用の方はこちらから
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。