スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大辺路:長井坂(周参見~見老津)

■日時/天候:2011年3月日/晴れ

■アクセス(大阪~周参見)
 JR大阪駅~周参見駅
 ※この時は18きっぷ利用だったため,所要時間約4時間半

■同行者:友人(♀)

■トイレ: 周参見駅・見老津駅と,ほぼ中間地点の和深集落の和深川王子神社隣に有。
 トイレはこの3箇所のみです。

■飲食店・ショップ:
 この間,スーパー・コンビニなど見当たらず。自販機さえ少ない。
 食物は歩き出す前に調達必須。飲料も極力駅前で調達を。
 
■歩行距離/所要時間:約10キロ/約4時間(街道マップより)

■使用地図:『熊野古道を歩く旅 (エコ旅ニッポン)
      「熊野古道|紀伊山地の霊場と参詣道」の街道マップ

◆感 想:大辺路髄一の景観だと思われます。
     周参見から長井坂までかなり距離がありますので,
     体力配分を考えて。馬転坂を歩きたければ特に。
     山道が長いのでトレッキングシューズが安心。

  *―*―*―*―*―*―*―*

早朝7時前に大阪駅で友人と待ち合わせ。
7時過ぎに大阪駅を出発し,周参見駅には11:32到着でした。

さて,ちょうどころあいはお昼前。
駅前の食堂でお寿司を売っているお店があるので,
そちらでお昼ご飯を調達します。

向かったのはガイド本などでチェックしていたすさみ食堂さん

こちらで名物の「さんま寿司」と「めはり寿司」を購入

…するつもりでした。

…が。

実際に入店してみて見たことのないメニューを発見!

それは,「イノブタの巻き寿司

イノブタ(猪と豚のハーフ)が周参見の名物だとは知っていましたが,
まさか巻き寿司のネタになっているとは!!
(ちなみにイノブタラーメンとかもありました!)

衝撃を受けた我々は,こちらも購入することを決意。

結局,さんま寿司1本。めはり寿司2個。イノブタ巻き寿司1本
をお買い上げ(お味については後程)。

駅前にも,スーパーやコンビニはありません。
 たしか駅の売店もなかったと思います。
 「すさみ食堂」さんのように,お寿司などを買える食堂はありますが,
 お昼を調達する予定なら,必ず事前に営業確認をしておきましょう。
 うっかり休業していたりすると,お菓子類すら手に入らない可能性も…
 現地調達する場合,念のため非常食持参が安心です。


地元の名産品を仕入れて,お店を出たのが12時頃。

この日は3月の終わりごろだというのに妙に寒くて。
でも空は気持ちよく晴れていました。
なかなか歩くのにはちょうど良さそうなお天気。

最初はしばらく海沿いの42号線の歩道を気持ちよく歩き,
コンクリ工場のようなところから「馬転坂」に入っていきました。
馬転坂入り口

しかしこの入り口,かなりわかりにくい

表示はいっぱい出ているので,素直にそれに従えば分かるのですが,
「え,ここ?」というような工場の敷地にずかずかと入っていくので,
ほんとにここ通るの?と迷うんです。

JR西日本の「聖なる森 熊野古道を歩く」のマップには
拡大説明図があるので,わかりやすいと思います。
(私はこの時点では未入手だったので,使用していません)

何はともあれ。

馬が転ぶどころか,そもそも入れるか?馬…
と突っ込みたくなるような細い(しかも結構急な)坂道を
えっちらおっちら登っていきます。

小さい峠だと思っていたのに,予想以上にきついな~と思っていたら。

突然視界が開けました。
馬転坂の展望

海と,空と,そして,観音様が佇んでおられます。
ベンチも並んで,ちょっとした休憩所です。

どうも,造成途中で放り出したような雰囲気…

見事な見晴らしなので,もしかしたら
ホテルとかのレジャー施設が建設予定で,中止されたのかも?

とにかく,予想外の風景で感激でした。

そこから道は下りになり,細くて急な坂を下って再び42号線へ。
馬転坂越え,終了です。

42号線に出てすぐに見つけたのがこちらの標示板。
長井坂への案内表示

ここから42号線を離れ,山の方に向かい,
和深川の集落に入っていきます。

道は普通の舗装道なのであまり面白味はないですが,
線路沿いを歩くところがあったり,
木々の緑が深くて森林浴気分を味わえたりします。

しばらく歩くと集落が開けてきました。
和深川の集落

集落の入り口には,廃校になった小学校らしい建物が。
校庭には桜の木が咲いていました。

しばらくのんびり集落を歩いて,和深川王子神社に到着。

予想以上に小さな境内でしたが,
すごく存在感のある,ご神気漂う神社様でした。
古い木や,古い石灯籠。かなり歴史のある神社のようです。

さてここでようやく昼食タイム。
境内はさすがにお弁当を広げるようなところはなかったのですが,
神社わきに二人くらいは座れそうなスペースがあったので,
その場所をお借りしてランチにしました。
お弁当

右上:さんま寿司。右上:めはり寿司。下:イノブタ巻き寿司。

イノブタ巻き寿司は,豚バラみたいなスライスのお肉が
巻き込んであります。サラダ巻き風です。

アップ,見ます?
イノブタの巻寿司

豚よりあっさりしてる感じ。脂とか気にならない。
なかなか美味でした。

でも抜群に美味しかったのがさんま寿司
柚子が効いてて酸味がさっぱりして,美味し~い
もう一度周参見に戻れるならお土産にしたかったです。

さて,腹ごしらえを済ませ,お片付けをして,
お手洗いをお借りし,神社にもご挨拶させて頂いて出発です。

ここには水洗・和式のトイレが設置されています。
 男女兼用ですが,綺麗に整えて下さっていました。
 ここを過ぎると見老津駅までトイレはありません。


神社を過ぎてもう少し歩くと,いよいよ長井坂です。

案内板はわかりやすくしっかり出ているので,
迷う心配はありません。

JRのトンネルの手前で河原に降りて,対岸に渡り,
急斜面を登ります。

この斜面が予想以上に急

地名が「長井峠」なら急坂も覚悟しますが,
「長井坂」だと「長~い坂かあ」と思って油断するじゃないですか

はっきり言って峠です。軽い山登りです

しかしこの山の斜面を一気に登りきると,
歩きやすい尾根道に出ます。
長井坂を歩く

木々に覆われた道ですが,木々の隙間からは…
長井坂よりの眺望

枯木灘を望む見事な眺望。

絶景です。

木々が生い茂っているせいで,ずっとは眺められないけど,
ところどころビューポイントがあって,
景色を楽しみながらのウォーキングに疲れも吹っ飛びます。

しばらく歩くと道の感じが変わります。
版築(段築)

こんな風に,龍の背骨のような盛り上がった道になるのです。

これは「版築(段築)」といって,
左右両側の傾斜のきつい尾根道を歩きやすいように,
土を土手のように盛ったものだそう。

先人の知恵により,旅人のために生み出された道です。

しっかり踏み固められているというのもあるんでしょうが,
とても歩きやすい。

尾根道の間に2箇所,版築が残っています。
両側のやや低めの木がちょうどトンネルみたいで,
子供の頃の探検気分が味わえます^^

ところどころ,木々の間から垣間見える景色。
古道より

東の方には,もしかしたら潮岬?と思うような
大きな岬がせり出していて。

とにかく,「歩かなきゃ見られない絶景」に感動しました。
わざわざここまで来たからこそ見られるという特権。
自分たちだけの風景!という感覚。

本当に楽しく歩きました。

尾根道を約3キロほどあるいて,やがて道は下り坂へ。
下り道

下り道でも,しばらくは眺望が楽しめます。
だんだん,見老津側の街が近づいてきます。
nagaizaka-mirudunomati.jpg

道は一時的に県道と交わり,ほんの数十mで分岐して山道に入ります。
ちなみに県道には茶屋の壇の石標が。
古い,文字の一部までが土に埋もれた石標が時間を感じさせます。
やはりここも,もともと古道の一部なんですよね。

ここからは一気に下り。

結構急な道で,落ち葉も積もっているので滑りやすくてちょっと怖い。

長井坂も間もなく終わりなので,注意しながら歩きます。

本当に下りはあっという間でした。

長井坂東登り口を出て舗装道の車道に降りると,
さっきまでの稜線の道とあまりにも世界が違っていて,
ものすごい違和感が…

「えーっと。…わたしら今山道歩いてたよねえ?」みたいな^^;

ま,とりあえず予定通りの行程を,予定通りの時間にこなして
無事に見老津の駅に到着することができました。
終点・見老津駅

見老津駅は無人駅。

42号線に面し,その42号線は海に面しているので
駅周辺には見事にな~んもありません^^;
(自販機と,あとトイレはあります)

無事,予定の電車に乗り込み,
紀伊田辺駅で一度途中下車してお土産を買いこみました。
(しつこいようですが見老津駅周辺にはなにもありません

帰りの電車もスムーズな乗継で,すべて座れたので
距離の割に楽な行程でした(寝ましたが)。

とにかく長い稜線の道が気持ちよくて。

綺麗な緑の中,絶景を眺めながらのウォーキング。
体を動かして,心も空っぽにして,
本当にとてもとても,気持ちの良い道でした。
スポンサーサイト
プロフィール

咲月

Author:咲月
京都在住アラフォー女性。
2009年より熊野古道に興味を持ち,ただいまコツコツ距離を伸ばしているところ。
旅が好き。歩くのも好き。
風水メインのブログもやってます(リンクは下に)

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
咲月にご用の方はこちらから
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。